FANDOM


バッテリー電源の正しい取り扱い方


充電がなくなりやすいパソコン。充電コードに接続しながら使ったり、外出時にモバイルバッテリーを持ち歩くなどの対策を講じている人も少なくないはずだ。ところが、そんなちょっとした行為がスマホの電池に負担をかける場合があるのだとか。ITジャーナリストの一条真人さんに、 Acer VN7-591G 互換バッテリーが傷んでしまうNG行為をうかがった。


■電池に負担をかける5つのNG行為


NG行為(1) 一日中充電し続ける

NG行為(2) フル充電状態で、充電を続けながら動画を見る、ゲームなどをする

NG行為(3) 温度が高い場所に置いておく

NG行為(4) 頻繁に充電する

NG行為(5) 急速充電器を使う


1日のパソコン使用を終了するとき(翌日まで使わないとき)はシャットダウンでも休止状態でもほぼ同じ(電気は食わない)。

俺はパソコンでTVのタイマー録画をしている関係上、休止状態を使っている。


>時に二三日、場合によっては一週間ほど使わない時もありますが、そういう場合はさすがにLenovo IdeaPad Flex 14 バッテリーを切った方がパソコンには良いのでしょうか?


これについても、スリープはまずいけど、シャットダウンまたは休止状態ならどちらでも構わないと思う。休止状態で長期間置くことがパソコンに悪影響を及ぼすとは考えにくい。

ただし、1週間に1回くらいは再起動をかけたい気もする。シャットダウンなら当然次にDELL Inspiron N5447 バッテリーを入れたときは「再起動」ということになるから、週に一度はシャットダウンで、あとは休止状態・・・こんな感じでいいんじゃないかな。もちろん毎回シャットダウンでも構わないけどね。


長時間PCを使わない場合は、シャットダウンかスリープ。

数時間程度の退席なら、スタンバイ(休止状態)と言ったところでしょうか。


シャットダウンよりも、スリープの方が次回のOSの起動が早くなりますが、

ソフトによってはスリープからの復帰によって不具合を起こすものもありますので、

僕はシャットダウン派です。

Ad blocker interference detected!


Wikia is a free-to-use site that makes money from advertising. We have a modified experience for viewers using ad blockers

Wikia is not accessible if you’ve made further modifications. Remove the custom ad blocker rule(s) and the page will load as expected.